So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
お茶屋@和の修行日記 ブログトップ

【第2話】そもそもお茶屋とは [お茶屋@和の修行日記]


*これは、かれこれ7年くらい前の
*お茶屋のお話。



「Dだ!Dだ♪」とはしゃぐヒラタさんを
無視をするよりもさかのぼること7〜8年。
小生が家業のお茶屋を継いだのが、
だいたいそのくらいの頃合いでしょう、
うん、記憶は曖昧。。。
みなさん、こんにちは。



DSC06233のコピー.jpg









小さい頃から、
「お茶屋になる」ことは
必然だと思っていた。







幼少期の文集を紐解いても、
将来の夢は「稼業のお茶屋を継ぐこと」と、
力強い字で記してある(←これ ホント)。



名称未設定 2.jpg






そして、
小さい頃から理数系が得意というよりは
国語系が苦手だったため、
大学は迷わず理工各部へ進学、
そのまま当時わりと流行の
外資系IT企業へ就職。





何か大義があったとかそんなんじゃないけど、
このまま稼業を継ぐよりは、
少し世の中の風にあたって
その空気感を知りたいというか、
学生ながらにそんな風に思ったのだ。





1-14-1.jpg





そして「稼業を継ぐ」のが前提である以上、
短期間で自分の実力を試せるような、
そんな環境が望ましいと考え「外資系」を選択、
学生時代に予備知識をもっていた「IT企業」を選んだ。





DSC_6166_+_=_トーンマッピング済みのコピー.jpg







だからこそ、
サラリーマン生活は
きっと人並み以上に頑張れたのだと思うけど、
自分で設定していた「5年」を契機に
稼業のお茶屋を継いだ訳だ。






R1014894のコピー.jpg




もちろん、IT業界に嫌気がさして転職、
といったことではない。

むしろその逆、お給料なんか見てしまうと、
転職することによって半減しちゃうし、
会社の経費で取得させてもらった資格なんかは、
当時日本では十数名しか保持していない
希少なスキルだったので、
この転職話を耳にした仲間は、
 「もったいない!」
 「ついに気でも狂ったか!?」
とそれなりに心配してくれたものである。







0527-1.jpg







ここらで唐突な自己紹介は置いといて、
一言で「お茶屋」と言っても、
漠然としていてはっきりとイメージしにくと思うので、
改めて整理しよう。





一般的にはいわゆる「喫茶店」や
「和菓子をいただきながら一服できる店」
ないしは
「日本茶をはじめ紅茶やウーロン茶など茶葉を扱う販売店」
がしっくりくるだろうけど、
我が稼業はその分類においては
後者に属する。





E78E89E99CB2E3818BE3828AE3818CE381AD-2b0e1.jpg







その「販売店」の中でも、
蒲南茶荘は日本茶オンリー、
その中でも「深蒸し茶」に特化、
そしてその中でも"超"がつく深蒸し茶のみを扱うらしいのだが、
要するにかなりマニアックなお店、
そう専門店である。



名称未設定 111のコピー.jpg





もちろん、
そういった「専門店」は何も蒲南茶荘だけではなく、
街のあちこちに存在する。





ただ、ちょっと気になってみたので、
作業場の本棚にある無造作に並べてあった茶業関連書から、
都内におけるその店舗数を調べてみた。



IMG_5039のコピー.jpg


何となくはそう思っていたけど、
やはりその数は大きく減少しており、
最盛期に比べるとすでに半減しているではないか。




もはや虫の息であることは、
疑う余地もなそうだ。





DSC02497のコピー.jpg






なんともどんよりとした
そんな空気に包まれる感じ、
「これって実は大問題だよね・・・」




早速、
となりの作業場にいる我が師匠に
聞いてみることにした。




DSC06159のコピー.jpg


(つづく)



nice!(46)  コメント(7) 
共通テーマ:blog

【第1話】ヒラタさん(仮名) [お茶屋@和の修行日記]

*これは、かれこれ7年くらい前の
*お茶屋のお話。



15時になるといつもやってくるヤマト便の運ちゃん、ヒラタさん(仮名)。
蒲南茶荘から発送する荷物を、集荷にやってくるのだ。



12-1-1.jpg







運ちゃんと言えば、ごついイメージかあるかもしれないけど、
ヒラタさんは170cmくらいで細身、
姿勢はすっごくよくて歩幅は狭め。
いつも
 「この荷物は重いなぁ・・・」
 「今日は少ないな・・・」
っとボソッと一言、
シュールに残しさっていくのが得意技。




DSC07126のコピー.jpg



そしてもうひとつの隠し持った特技があって、
実はお茶の味が人並み以上、
いやむしろお茶屋バリに分かるということ。









そんなヒラタさんに、
ねぎらいのお茶で
おもてなしするのが小生、
お茶屋@和こと御年32歳独身、
こんにちは。


急須くん.jpg





いつものように、
集荷作業を終え当然のように作業場の椅子に腰掛けるヒラタさん、
要するにその乾いた喉を潤さんとする「お茶」を要求している、
そう「お茶で一服タイム」を要求しているのだ。



DSC01312のコピー.jpg




そして座るやいなや、
何やら封書をちらつかせている。
そう、最近のヤマト便は、
集荷のついでに表のポストに入っている郵便物・封書類も、
持ってきてくれるのだ。
(注:ヒラタさんだけです)

2I.jpg




「これ、早く見よう、見よう」っと、
子供のようにはしゃぐ様子を尻目に、
お茶の用意をはじめるわたくし。



DSC04308のコピー.jpg



ポットからまずは急須に湯通し、
これで洗い残りがあっても大丈夫。
続いて湯冷まし代わりに湯のみ2つお湯を注ぎ、
すぐさま見本用の茶缶から小ぶり急須の底が
ちょうど見えなくなるくらい茶葉を無造作にいれる。
いよいよ2つ湯のみから急須へお湯を注ぎ、
時を待たずして急須にさっと注ぎ分ける。



IMG_4098.jpg



我ながら手慣れた手さばきにホレボレする・・・
わけもなく、
ヒラタさんは「早く見よう、早くー」と、
子供か!






淹れたてのお茶がはいった湯のみを
そそくさと差し出し、
封書を取り上げ裏面を見ると
「東京都茶協同組合」
の文字列が目にび込む。


はて、いつもの適当な・・・もとい、
大事なご案内かと思いきや、
よく見れば「調査報告書」と書き添えられている。
全く身に覚えのないこととはいえ「調査報告書」などといわれれば、
やはり気になるところ。



早速封を開けてみれば、
 「平成21年度 新茶期 組合員販売茶報告書」
 「(株)蒲南茶荘 様」
と。


続いて目に飛び込んできたのは
「貴店の調査結果」「1、内質・・・滋味」
「D」


26_D.jpg



「ふーん、Dね。・・・D!?」


「評価 D」と言われれば、
まっさきに思い返すのが大学時代の成績。
そう、まさに心臓の止まるような評価、
いや心臓が止まる評価、

これは落第点である。

しかもお茶業界において「滋味」と言えば、
まさに一番重要なポイントじゃん。


「Dだ!Dだ♪」
はしゃぐヒラタさんを無視して、
とりあえずこの事態を
となりの拝見場(お茶を審査する場所)にいる師匠に
報告せねばと席を立つお茶屋。




この結果はいくらなんでもマズいだろ、と。




INDEX.jpg



(つづく)


nice!(44)  コメント(7) 
共通テーマ:blog
お茶屋@和の修行日記 ブログトップ


All Photo and Text copyright(c) 蒲南茶荘 All Right Reserved.