So-net無料ブログ作成

特撰 [宗仙【sosen】]



そもそも「高級茶葉」だと
茶葉の量やお湯の温度・淹れ方など
細部に至るまで気配りする必要があり
"手軽に"ご堪能いただけないことも
多々あるだろう。




こういった茶葉に対しては
はやり「対面販売」が適している。






主だって分かりやすいのが
たとえばこちらの「玉露」であろうか ->



DSC05571のコピー.jpg






ところが「茎ほうじ茶」であれば
熱いお湯であっても低カフェインがゆえに
「苦く・渋く」なりずらく「焙煎香」を楽しめる。
もちろんぬるめのお湯であればじっくりと「渋みと甘み」を。
冷たい水であってもふかく淡い「甘み」を楽しめる。






期せずとも「ネットショップ」の欠点を
見事に解消してくれるのが
「茎ほうじ茶のティーバッグ」だったのだ。




DSC05571のコピー.jpg








ギフトといえば
 「高級煎茶」
 「高級玉露」
この常識。




しかし実用性を考えれば
 「高級 茎ほうじ茶」
それがよいのでは
ないだろうか。




いや「高級」ではなく
選び抜かれた茶葉
「特撰 茎ほうじ茶」
それがふさわしい。




特撰茎ほうじ茶_バナー.jpg





つづく。



nice!(84)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 84

コメント 7

Ryukoまま

なるほど・・・。
お茶に寄り添っているからこその気づき^^
ふさわしいお茶が、ふさわしい場所で手に入り
それをまたふさわしい人への贈り物にもなる。

な~んかすっごく好循環で、いいですね~♪

きっと・・・いや絶対にうまくいく!
by Ryukoまま (2014-03-07 08:45) 

orange

特撰。の響きがいいですね。
"高級"よりもよい響きです。
ネーミングは大切ですね。
ぬるめで甘さと香り。楽しませて頂きます。
by orange (2014-03-07 12:40) 

yakko

こんばんは。
そのうち試してみます・・・
by yakko (2014-03-07 20:13) 

ぺんちゃん

熟慮の品ですね。
by ぺんちゃん (2014-03-07 22:12) 

ake_i

ステキだ!(^^)!
テイスティングのグラス!!!
お茶もこういうグラスで香りとか確かめるのかな?

by ake_i (2014-03-08 19:12) 

mimimomo

こんにちは^^
一般的にお煎茶で、たまにお抹茶・・・のわたくしですが、こういうほうじ茶も
たまに入れるのは良いかも^^
by mimimomo (2014-03-10 15:42) 

ララアント

試行錯誤が続き・・・
私まで身を固くして成り行きを見守っているような^^
もう 販売が始まっているのですか?
by ララアント (2014-03-10 19:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0



All Photo and Text copyright(c) 蒲南茶荘 All Right Reserved.