So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「普段から急須を使っているだろうか」 [宗仙【sosen】]

#しかし今回は「ギフト」として受け取られる先様の
# 「カフェインを気にするかもしれない」
# 「普段から急須を使っているだろうか」
#このポイントを解消しなければならない。





「急須がない環境」に対しては
やはり「ティーバッグ」で対応するしか
方法がない。





DSC05555のコピー.jpg





しかし「ティーバッグ」の最大の問題点は
急須のように茶葉を十分に泳がせる(=ひらかせる)
それが出来ないため
一番の「うま味」を引き出すことが
難しい点だ。









ここで「紫宝ティーバッグ」での経験が生きてくる。
いわゆる市販品では1〜2gの茶葉を
一気に「5g」まで増量することで
しっかりとした味わいを抽出することに
成功した。




あついのです.jpg










そして前述の通り
「茎ほうじ茶」の場合は
「煎茶」と違って温度に対する許容度が
すこぶる大きいため
熱いお湯でもぬるめのお湯でも
手軽にご賞味いただける。







ここは非常に大きいポイント。
なぜならティーバッグの場合
カップなどにそのままポットから
熱いお湯を注ぐケースが多いからだ。





DSC05539のコピー.jpg






名称未設定 1.jpg



つづく。



nice!(84)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 84

コメント 5

ぺんちゃん

紅茶ポットで淹れてもいけますねっ♪
by ぺんちゃん (2014-03-03 23:28) 

Silvermac

急須で出したお茶が美味しいでしょうね。
by Silvermac (2014-03-04 06:17) 

orange

^^これで..仕事中も気軽に美味しいほうじ茶が頂けますね♬
自宅で煎れる時間がない時など..これさえあれば!です^^v
by orange (2014-03-04 11:27) 

werewolf

お湯の温度は重要ですよねぇ。
でも会社のポットだと、私一人の好みで
温度を設定できない(^_^;)
by werewolf (2014-03-05 00:05) 

mimimomo

こんにちは^^
香りがよいほうじ茶のティーパックですよね~
by mimimomo (2014-03-06 11:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0



All Photo and Text copyright(c) 蒲南茶荘 All Right Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。