So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

【第2話】そもそもお茶屋とは [お茶屋@和の修行日記]


*これは、かれこれ7年くらい前の
*お茶屋のお話。



「Dだ!Dだ♪」とはしゃぐヒラタさんを
無視をするよりもさかのぼること7〜8年。
小生が家業のお茶屋を継いだのが、
だいたいそのくらいの頃合いでしょう、
うん、記憶は曖昧。。。
みなさん、こんにちは。



DSC06233のコピー.jpg









小さい頃から、
「お茶屋になる」ことは
必然だと思っていた。







幼少期の文集を紐解いても、
将来の夢は「稼業のお茶屋を継ぐこと」と、
力強い字で記してある(←これ ホント)。



名称未設定 2.jpg






そして、
小さい頃から理数系が得意というよりは
国語系が苦手だったため、
大学は迷わず理工各部へ進学、
そのまま当時わりと流行の
外資系IT企業へ就職。





何か大義があったとかそんなんじゃないけど、
このまま稼業を継ぐよりは、
少し世の中の風にあたって
その空気感を知りたいというか、
学生ながらにそんな風に思ったのだ。





1-14-1.jpg





そして「稼業を継ぐ」のが前提である以上、
短期間で自分の実力を試せるような、
そんな環境が望ましいと考え「外資系」を選択、
学生時代に予備知識をもっていた「IT企業」を選んだ。





DSC_6166_+_=_トーンマッピング済みのコピー.jpg







だからこそ、
サラリーマン生活は
きっと人並み以上に頑張れたのだと思うけど、
自分で設定していた「5年」を契機に
稼業のお茶屋を継いだ訳だ。






R1014894のコピー.jpg




もちろん、IT業界に嫌気がさして転職、
といったことではない。

むしろその逆、お給料なんか見てしまうと、
転職することによって半減しちゃうし、
会社の経費で取得させてもらった資格なんかは、
当時日本では十数名しか保持していない
希少なスキルだったので、
この転職話を耳にした仲間は、
 「もったいない!」
 「ついに気でも狂ったか!?」
とそれなりに心配してくれたものである。







0527-1.jpg







ここらで唐突な自己紹介は置いといて、
一言で「お茶屋」と言っても、
漠然としていてはっきりとイメージしにくと思うので、
改めて整理しよう。





一般的にはいわゆる「喫茶店」や
「和菓子をいただきながら一服できる店」
ないしは
「日本茶をはじめ紅茶やウーロン茶など茶葉を扱う販売店」
がしっくりくるだろうけど、
我が稼業はその分類においては
後者に属する。





E78E89E99CB2E3818BE3828AE3818CE381AD-2b0e1.jpg







その「販売店」の中でも、
蒲南茶荘は日本茶オンリー、
その中でも「深蒸し茶」に特化、
そしてその中でも"超"がつく深蒸し茶のみを扱うらしいのだが、
要するにかなりマニアックなお店、
そう専門店である。



名称未設定 111のコピー.jpg





もちろん、
そういった「専門店」は何も蒲南茶荘だけではなく、
街のあちこちに存在する。





ただ、ちょっと気になってみたので、
作業場の本棚にある無造作に並べてあった茶業関連書から、
都内におけるその店舗数を調べてみた。



IMG_5039のコピー.jpg


何となくはそう思っていたけど、
やはりその数は大きく減少しており、
最盛期に比べるとすでに半減しているではないか。




もはや虫の息であることは、
疑う余地もなそうだ。





DSC02497のコピー.jpg






なんともどんよりとした
そんな空気に包まれる感じ、
「これって実は大問題だよね・・・」




早速、
となりの作業場にいる我が師匠に
聞いてみることにした。




DSC06159のコピー.jpg


(つづく)



nice!(28)  コメント(5) 
共通テーマ:blog

【第1話】ヒラタさん(仮名) [お茶屋@和の修行日記]

*これは、かれこれ7年くらい前の
*お茶屋のお話。



15時になるといつもやってくるヤマト便の運ちゃん、ヒラタさん(仮名)。
蒲南茶荘から発送する荷物を、集荷にやってくるのだ。



12-1-1.jpg







運ちゃんと言えば、ごついイメージかあるかもしれないけど、
ヒラタさんは170cmくらいで細身、
姿勢はすっごくよくて歩幅は狭め。
いつも
 「この荷物は重いなぁ・・・」
 「今日は少ないな・・・」
っとボソッと一言、
シュールに残しさっていくのが得意技。




DSC07126のコピー.jpg



そしてもうひとつの隠し持った特技があって、
実はお茶の味が人並み以上、
いやむしろお茶屋バリに分かるということ。









そんなヒラタさんに、
ねぎらいのお茶で
おもてなしするのが小生、
お茶屋@和こと御年32歳独身、
こんにちは。


急須くん.jpg





いつものように、
集荷作業を終え当然のように作業場の椅子に腰掛けるヒラタさん、
要するにその乾いた喉を潤さんとする「お茶」を要求している、
そう「お茶で一服タイム」を要求しているのだ。



DSC01312のコピー.jpg




そして座るやいなや、
何やら封書をちらつかせている。
そう、最近のヤマト便は、
集荷のついでに表のポストに入っている郵便物・封書類も、
持ってきてくれるのだ。
(注:ヒラタさんだけです)

2I.jpg




「これ、早く見よう、見よう」っと、
子供のようにはしゃぐ様子を尻目に、
お茶の用意をはじめるわたくし。



DSC04308のコピー.jpg



ポットからまずは急須に湯通し、
これで洗い残りがあっても大丈夫。
続いて湯冷まし代わりに湯のみ2つお湯を注ぎ、
すぐさま見本用の茶缶から小ぶり急須の底が
ちょうど見えなくなるくらい茶葉を無造作にいれる。
いよいよ2つ湯のみから急須へお湯を注ぎ、
時を待たずして急須にさっと注ぎ分ける。



IMG_4098.jpg



我ながら手慣れた手さばきにホレボレする・・・
わけもなく、
ヒラタさんは「早く見よう、早くー」と、
子供か!






淹れたてのお茶がはいった湯のみを
そそくさと差し出し、
封書を取り上げ裏面を見ると
「東京都茶協同組合」
の文字列が目にび込む。


はて、いつもの適当な・・・もとい、
大事なご案内かと思いきや、
よく見れば「調査報告書」と書き添えられている。
全く身に覚えのないこととはいえ「調査報告書」などといわれれば、
やはり気になるところ。



早速封を開けてみれば、
 「平成21年度 新茶期 組合員販売茶報告書」
 「(株)蒲南茶荘 様」
と。


続いて目に飛び込んできたのは
「貴店の調査結果」「1、内質・・・滋味」
「D」


26_D.jpg



「ふーん、Dね。・・・D!?」


「評価 D」と言われれば、
まっさきに思い返すのが大学時代の成績。
そう、まさに心臓の止まるような評価、
いや心臓が止まる評価、

これは落第点である。

しかもお茶業界において「滋味」と言えば、
まさに一番重要なポイントじゃん。


「Dだ!Dだ♪」
はしゃぐヒラタさんを無視して、
とりあえずこの事態を
となりの拝見場(お茶を審査する場所)にいる師匠に
報告せねばと席を立つお茶屋。




この結果はいくらなんでもマズいだろ、と。




INDEX.jpg



(つづく)


nice!(39)  コメント(7) 
共通テーマ:blog

アサオチャ [茶飲]


徐々にですが
秋らしくなって
まいりました。



そして季節の変わり目は
乾燥しやすかったり
体調もくずしやすく
何よりノドが渇く
そんな時分かと。




DSC_5489.jpg







そんなときこそ
朝のあったかい一杯
紫宝 から
アサオチャ から
どうぞ どうぞ。






IMG_7827のコピー.jpg
* 紫宝 ->
* ホタルスカシ ->






nice!(48)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

夏期休業 [茶以外]

DSC07321.jpg


R0012898のコピー.jpg

DSC07552.jpg




よい夏休みタイムを お過ごし下さいませ。




IMG_2099のコピー.jpg


*夏季休業:15(水)〜19(日) 頂戴いたします。
*20(月)より通販業務 再開致します。






nice!(55)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

涼煎茶。 [茶葉]

「お茶」は普段頂く飲み物として、あまりに "普通" 過ぎるかもしれません。しかし昨今、「ペットボトルのお茶」などは非常に手軽で便利、いわゆるジュースと異なりカロリーも気にしなくてよいため、自宅にオフィスに外出時にとつい手にしているもの。そんな観点からすれば、「わざわざ自分で作るお茶」なんて面倒以外の何者でもないかもしれません。

しかしそのちょっとの「わざわざ」ひとつで ”普通" が "超普通" へと劇的に変わる、そんな朗報をもたらすのが「涼煎茶」です。

うまい.jpg

一番の特徴はその味わい手軽さの両立。国産の茶葉をふんだんに、もちろん蒲南茶荘が好む「蒸し&火入れが強い茶葉」を使用、それを"きざむ"ことによって、水でも簡単に出しやすくなってます。さらに、鮮やかな水色の元となる「抹茶」もブレンド、蒸して火の強い茶葉の味わいをより際立ててくれます。

涼煎茶パック.jpg

そして「水だし茶」の弱点とも言われる「青臭さ」、これは特に時間が経過した時に感じるものです。しかし、「火入れ」が強い茶葉を使うことによってその難点をクリア、防腐剤などを用いずとも風味が落ちにくいのです。

作り方.jpg

作り方は至って簡単。ボトルを用意して1袋に対して約1Lほど、ボトルを軽くふって出来上がりです。手軽に美味しく作り出すポイントは「濃いめの味わい」に仕上げる事。ボトル満タンに水をいれてしまうと回しにくくなってしまうため、
 1. 最初は少量の水を入れてよくふり、濃いめにする
 2. そこに水を加える
といった工夫ひとつで解決です。また、いちいちパックを取り出す必要は無く、大きめの水筒などにいれて持ち歩く事も可能です。

そそぐ.jpg

すぐに頂きたい場合は、氷を用意したグラスに注げば出来上がり。もちろん冷蔵庫で冷やして頂くのも◎、ちなみにお茶屋の自宅冷蔵庫では一年中この「涼煎茶ボトル」がそのスペースを確保しています。

パックの使い道.jpg

気になるお値段も1袋58円、2L分くらいは味濃く頂けるので実は経済的、もちろんペットボトルのようなゴミはでません。そして使い終わったパックは単なるゴミにあらず、これをそのままパックに使ったり化粧水がわりにしてもOK。袋には入っているので茶殻が飛び出さないから、こんなに便利でうれしいことはありません。

保管.jpg

保管方法は、遮光性のある丈夫なパックのため簡単に封をして高温多湿を避ける程度で問題ありません(冷蔵庫などで可)。


説明書.jpg

実はこの「涼煎茶」誕生から30年以上経つ、ロングセラー商品。説明書もいたってシンプル、そんなところも長年愛される秘密のひとつ。

パッケージも色鮮やかな緑、ちょっとして手みやげやプレゼントにもうれしいアイテムとして人気の一品となります。知ってるはずのお茶なのに、なぜかあたらしい。グラスに映えるそれは、心地よい色合い。氷をも好むそのお茶、それがまさしく「涼煎茶」。

日々のビタミン補給に、この"味わい"と"手軽さ"はいかがでしょうか。


涼煎茶PKG.jpg
【涼煎茶[540円(税別)]】
 ■名称:煎茶ティーバック
 ■原材料名:緑茶・抹茶[国産]
 ■内容量:8g×10パック
 ■賞味期限:製造日より1年
 ■保管方法:高温多湿を避け移り香にご注意下さい。
 ■取扱い上の注意:お茶は鮮度が大切です。開封後は早めにお飲み下さい。
 ■Package Size
  パック:縦80mm×横75mm[紐付き]
  箱:縦72mm×横72mm×高さ105mm 
 ■Package Weight
  箱/中身:115g

*2011年現在、「箱入り」の販売はございません。
*すべて「袋入り」となります。



メール便可能涼煎茶.jpg
新パッケージ[10パック入]が入荷、お得な送料[全国各地152円(税別)]で発送が可能となりました!チャック付きなので、保管も楽々♪初めてのお客様も日々ご愛飲頂いているお客様も、ぜひご活用頂ければと思います。
 *一度に3袋まで発送可能[3袋送料込で1914円]
 *ご入金方法:郵便振替[手数料無料]/銀行振込[三菱東京UFJ銀行]
 *ご注文はorder@honannchasou.netまで
  [お名前/ご住所/ご連絡先/お支払い方法を記載下さい]



【001】濃いする涼煎茶
涼煎茶を「手軽に濃く出す」方法のご紹介。
URL: http://www.youtube.com/watch?v=hhsyMzdHYe4

【002】風味が落ちにくい涼煎茶の秘密
緑茶の弱点とも言える「時間とともに風味が落ちる」。 なぜ 涼煎茶は風味が落ちにくいのか。
URL: http://www.youtube.com/watch?v=ajExhsyHC-A

【003】涼煎茶氷in涼煎茶
突然なご来客時でも、すぐにおいしく作れる涼煎茶。そこにひと工夫加えると・・・
URL: http://www.youtube.com/watch?v=dSRDEFJ5Osc

【004】すぐ濃く出せる涼煎茶、なぜ苦くならないのか?
すぐに濃いめに作れる涼煎茶。にも関わらず、パックをそのままでも苦くならない。その理由は茶葉にあり!
URL: http://www.youtube.com/watch?v=NARy31OCih0

【005】涼煎茶ハイ
すぐに濃いめに作れる涼煎茶。お酒との相性も、ばっちりなんです♪
URL: http://www.youtube.com/watch?v=1fERkE81wdc

【006】世界初!?涼煎茶の海外ロケ☆
すぐに濃いめに作れる涼煎茶。海外で使用するミネラルウォーターの注意点について。
URL: http://www.youtube.com/watch?v=3xL9kJSHKvU



BLOG表紙_200907.jpg

BLOG表紙_201007.jpg

BLOG表紙_201008.jpg

BLOG表紙_201009.jpg

BLOG表紙_201106.jpg

cover_201107.jpg

BLOG表紙_201108.jpg

BLOG表紙_201206.jpg

BLOG表紙_201207.jpg

BLOG表紙_201307.jpg

BLOG表紙_201407.jpg

BLOG表紙_201508.jpg

nice!(47)  コメント(7) 
共通テーマ:blog
前の5件 | -


All Photo and Text copyright(c) 蒲南茶荘 All Right Reserved.