So-net無料ブログ作成
検索選択

呑川 [茶飲]




同じ橋からの風景でも
きっとひとつとして
同じそれが無いように。





DSC00455のコピー.jpg





虹.jpg







急須を使っていれるお茶って
茶葉の分量や湯の温度など
具体的な項目のみならず
飲む人の体調や環境まで
おそらく
「まったく同じ味」
には なり得ないと思いますが
そこがまたよいところでもあり。







3-13-2.jpg








お茶というものは
「日常茶飯」でありながら
やはり奥は深いようです。








DSC00863のコピー.jpg
 




nice!(61)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

玄華 [茶飲]

立秋は過ぎましたが
まだまだ激しい暑さが
続いておりますが。



2016-08-08 15.33のコピー.jpg






以前にもご紹介の
こんな飲み方。



 genka.jpg
IMG_3629.jpg




「焙煎火の強い深蒸し茶&玄米」を
あしらった最高級玄米茶「玄華」
氷をたっぷりいれた器に。






BLOG表紙_201406.jpg

<ご注文方法>
*お名前/ご発送先/お支払い方法/ご希望のお品物・数量/ご発送方法[宅急便orメール便]を明記の上、【order@honannchasou.net】までご注文下さい。
*お支払い方法は以下よりお選び下さい。
 □郵便振替[振込用紙同封・手数料無料]
 □銀行振込[三菱東京UFJ銀行]
 □代引き[宅急便のみ/DM便では不可]
*クロネコDM便[152円]の場合、3袋まで発送可能です。
*別途消費税(8%)を、お預かり致します。
*宅急便でのお届けも可能となります(送料詳細は こちら をご覧下さい)。
*ヤマトメール便はポスト投函となるため、"プレゼント包装"、"配達日時指定"は受けておりません。






ぜひ この夏も
おいしく乗り切って
まいりましょう。





SDIM0456のコピー.jpg



nice!(66)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

涼煎茶は、なぜ苦くならないのか? [茶飲]


すぐに濃いめに作れる涼煎茶。

それにも関わらず
パックをそのままでも
苦くならない。



その理由
茶葉に
ありました。


URL: http://www.youtube.com/watch?v=NARy31OCih0





現在
店頭在庫 ございます。


BLOG表紙_201607.jpg


BLOG表紙_201207.jpg
*ご注文は こちらから →



nice!(54)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

アサオチャ [茶飲]



一日の始まりに。




DSC01315のコピー.jpg




そんな頃合いに
いただくお茶
「アサオチャ」。





DSC01310のコピー.jpg





例えば
お気に入りの手帳と
書き慣れたペンを
片手に。







考えたり
想ったり
朝のひと時に
いかがでしょうか。







DSC01312のコピー.jpg
*紫宝 ->
*ホタルスカシ ->







nice!(61)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

6月19日(日)、父の日。 [茶飲]




蒲南茶荘の「地の春(ちのはる)」を
2缶並べて 「地地の日」。




父の日セット_2016.jpg







蒲南茶荘は
頑張るお父さまの
味方です。




IMG_9651_ー_+_トーンマッピング済みのコピー.jpg




3-13-2.jpg








nice!(57)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Mother's Day_2016 [茶飲]

子育てなんかをみると
365日 毎日が「母の日」
というくらいの気持ちで
いいのではないかと
そう思います(笑




SDIM0302のコピー.jpg




今年は
 5/8(日) 母の日
となります。










例年のごとく
よろしければ
ご検討くださいませ。





母の日セット_2016.jpg







よろしければ
ぜひ。






DSC01177のコピー.jpg




nice!(65)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

母の日プレゼント_2016 [茶飲]

ようやく春らしい
頃合いになって
きたでしょうか。




DSC05967のコピー.jpg





例年のごとく
一足早いかと存じますが
先日ご紹介の新茶(ご予約)
本年も「母の日セット」
ご用意ございます。





母の日セット_2016.jpg





「茶器とのセット」は
数に限りがございますので
お早めにお申し付けいただければ
幸いです。





1名称未設定 1.jpg





また 今年はこちらの急須との組合わせも
承っております。




新茶パンフ_2016_急須.jpg







どうぞ
ご検討くださいませ。





DSC05988のコピー.jpg






nice!(57)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

心地よさのサイズ [茶飲]

たとえば お気に入りを見つけると
おうちでの時間がまたひとつ増えたような
ワクワクうれしくなりますよね。





IMG_0461.jpg
*参考:ITエンジニアの願いが実現した「とある急須」の物語





体調に合わせて味わいを変える
それは急須という道具と
茶葉のなせる技。




充実した設備や環境よりも
一杯のお茶を飲む空間を
その時間を。







心地よさのサイズは
きっと人それぞれだと思います。



IMG_7170.jpg



nice!(58)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

さくら [茶飲]


3月は年度末など
比較的お忙しい
時期でしょうか。



DSC05961のコピー.jpg




そんな時だからこそ
そのそばには
ホッと一息できる
オチャの存在を。




DSC05760E381AEE382B3E38394E383BC.jpg





いつも
いつだって
あなたのすぐそばに
オチャのある
そんな生活を。




BLOG表紙_201603.jpg




nice!(62)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

茶葉の値段 [茶飲]


300
400
500
600
800
1000
1200
1500
2000
3000
5000




蒲南茶荘で取り扱う
「深蒸し茶」
のラインナップです。


*すべて税別価格。
*上記以外に、「玉露」「芽茶」「玄米茶」「茎ほうじ茶」「ほうじ茶」「粉茶」などございます。



11-28-3-21467.jpg






「深蒸し茶」と一言でいえども
 ・製法の違い(蒸し/火入れ)
 ・品種
 ・産地
などなど
多岐にわたります。




蒲南茶荘のそれは
 「超深蒸し茶
としてご紹介の通り
「品種」「産地」などの分類ではなく
 ・蒸し:強烈に強い →
 ・火入れ:猛烈に強い →
そんな茶葉を厳選セレクトし
 ・ブレンド →
するものであります。




2011新茶.jpg



つまり
 「超深蒸し茶に限定」
した上で
 「茶葉のグレードに特化」
した品揃え。




「広く浅く」ではなく
「狭く深く」というコンセプトが
明確なんです。









その「茶葉のグレード」に関して
その値段の違いは
一体どこにあるのでしょう。



BLOG表紙_201602.jpg




高い茶葉ほど
「みるい」
なんて言い方をします。




それは
「たけのこ」なんかを
想像していただくと
わかりやすいのですが
食べごろの季節を迎えて
最初の取れたそれは
とっても甘くて柔らかいでしょう。

しかし
すくすく育つとカタクなる
そんなイメージです。


E7B4ABE5AE9D-d155f.jpg


つまり
「みるい」といった表現
一番最初に出てきた
 ○柔らかくて
 ○みずみずしい
 ○熟してないような
新しい状態を表しています。

そして
 【芽が出たばかりの茶=みるめの一番茶】
というのは
 甘みがのっておいしい
 しかし生産量が沢山ない
  →価格も高い
となります。






ちなみに
「みるい茶葉」に
強い「蒸し&火入れ」を施すと
その見た目&形状は
「より粉っぽい」
感じになります。


それは「みるい茶葉」は
柔らかいため
強い蒸しと火入れで
より粉っぽくなるからです。



E7B4ABE5AE9D-d155f.jpg





ちなみに
一般的にはその「粉っぽさ」
見た目の問題から
取り除かれることが多いのですが
蒲南茶荘のそれは
その粉も惜しみなく。


そのため
お茶を淹れた後の茶殻を見ると
「みるい茶葉」ほど
それが小さく見えるかもしれません。




それは同時に
茶葉をきちんと
「蒸せている(=ぎゅっと凝縮されている)」
証でもあると
そう いえます。



ポスターB.jpg











話がすっかり脱線気味に
なっておりますが
要するに
「茶葉のグレード」
その値段の違いは
「みるさの違い」
による部分が
大きいということ。



つまり
価格が高いほど
 「みるい茶葉」
となり
 「やわらかく甘みの強いお茶」
として
お召し上がりいただける
訳なんです。




E7B4ABE5AE9D-d155f.jpg




nice!(62)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog


All Photo and Text copyright(c) 蒲南茶荘 All Right Reserved.