So-net無料ブログ作成
検索選択
SHOPPING LIST ブログトップ
前の10件 | -

【075】MDR-EX800ST / SONY [SHOPPING LIST]

*これは お茶とは一切関係の無いSHOPPING LIST、不定期にて連載。


DSC01012のコピー.jpg
■Product:MDR-EX800ST
■Manufacture:SONY
■Made In:Japan
■Material:密閉ダイナミック型
■Since:2015.7



MDR-EX800STは、ステージユースのために開発された、インナーイヤーモニター。世界の先端技術を誇るソニーと、ライブの世界を知り尽くしたソニー・ミュージックスタジオが共同で開発。高音質はもちろん、ハードなパフォーマンスにも応える耐久性を備えている。

スタジオモニターヘッドホンの開発ノウハウを用いることで、インナーイヤー型ながら大口径16mmダイナミックドライバーユニットにより、レコーディングスタジオのモニタースピーカーさながらの自然な周波数特性を実現。分解能が優れ、モニタリングに適してる。


もともと聴くことは好きだったのですが、なんだかここんところ、音楽を身体に流し込むその時間が、すごく心地いいんです。で、肝心のレビュー的な部分ですが、記してみたいものの正直申しまして、音のことは全然わかりませんし、実際に他のそれと比較したこともないので、要のするにのところ、本当に何もわかりません。
夜とかに大きな音は出せないし、大きいヘッドフォンタイプだと邪魔なので、ただ単に雰囲気と言いますか、音楽だけにノリで選んだだけ、というのが正直なところでしょうか。

実に一年以上ぶりとなってしまったこの Shopping List。なんとか「100記事」までは頑張ろうと思っているので、今年はもう少し更新できればと、思っちょります、音楽でも聴きながら、お茶でも飲みながら。




------------------------------
本日は

2016初ライド
 ロングライド後の水分補給に♪今年もたくさんお待ちしております!

いつもありがとうございます!



nice!(62)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

【074】DP1 Merrill / SIGMA [SHOPPING LIST]

*これは お茶とは一切関係の無いSHOPPING LIST、不定期にて連載。


DSC08726のコピー.jpg
■Product:DP1 Merrill
■Manufacture:SIGMA
■Made In:Japan
■Material:Foveon X3 sensor
■Since:2014.6

フルカラーFoveon X3ダイレクトイメージセンサー(ジェネレーションネーム"Merrill")を搭載、有効画素数4,600万画素(4,800×3,200×3層)、記録画素数4,400万画素(4,704×3,136×3層)を実現したDP1 Merrill。本シリーズに搭載されているのは全て単焦点レンズであり、DP1 Merrillは広角域の28mm、DP2 Merrillは標準域の45mm、DP3 Merrillは中望遠域の75mmとなる(全て35mm判換算)。

いつも単焦点ばかりなお茶屋、これまでRX-1GR Digitalの二刀流で過ごしてきましたが、広角よりで使っていた後者のそれが経年経過と共に引退、そこで目に留まったのがこのDP1 Merrlillでした。

ネットの評判を見れば、右も左も「使いにく」「電池がもたない」「高感度はダメ」等の酷評が多い中、その驚愕の描写力は圧巻、他者とは一線を画する「孤高のコンパクトデジタルカメラ」であることは間違い無いでしょう。

とはいえ、カメラのことを一切勉強しないお茶屋、果たしてどこまで使いきれるのでしょうか。。。とりあえず「RICHARD FRANIECのグリップ」「レンズフード」「ストラップ」から揃え まずは見た目を整えてみた 今日この頃です。


*DP1 Merrillで撮影したサンプルはこちら。
 「タイヤ公園」 → (最後の一枚は除く)
 「せんたく」 → (最後の一枚は除く)
 



nice!(81)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

【073】バスケットボール シュート大全 / Adam Fillippi [SHOPPING LIST]

*これは お茶とは一切関係の無いSHOPPING LIST、不定期にて連載。


DSC08740のコピー.jpg
■Product:バスケットボール シュート大全
■Author:Adam Fillippi
■Translator:佐良土 茂樹
■Publisher:STUDIO TAC CREATIVE[August 5, 2012]
■Paperback:172 pages



「大切な基礎であるにも関わらず、シュート技術は、恐らくバスケットボールという競技で最も教えられていないスキル。」と進言する著者のアダム・フィリッピー。選手、スカウト、スキルコーチとして過ごした長年の経験を基に、シュートのシステム・メンタル面・フリースロー・試合の状況・ストレングスとコンディショニング・指導方法・上級者のための練習ドリルなど、 本書でその問題を解決してくれる。

幸せなことに長年バスケを継続できてるお茶屋。ポジションはSG[シュートを打つ人]で、ほぼ独学&自前のシュート理論でやってきましたが、ふとしたきっかけでこちらを発見。最初はタカをくくっており図書館で借りて読むも目からウロコ ラッシュ、すぐさま購入し 毎日お茶を片手にどっかのページに目を通すことを日課にしてます。

もちろん、読めばシュートが入るわけではなく、特にシュートは感覚的な&経験による部分も大きいはず。その一方で何らかの指針があると 調整がしやすいのもまた事実で、この一冊には確かに技術を向上させる要素があると感じてます。

そして、この年になっても成長できる何かを感じれることは、やはりうれしい限り。
「道楽か…かもしれんね。日一日と…成長がはっきり見てとれる この上ない楽しみだ。」
安西先生の名言を、ふと思い出した今日この頃です。


nice!(74)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

【072】BOSTON / BIRKENSTOCK [SHOPPING LIST]

*これは お茶とは一切関係の無いSHOPPING LIST、不定期にて連載。


DSC04624のコピー.jpg
■Product:BOSTON
■Manufacture:BIRKENSTOCK
■Made In:Deutschland
■Repaeir:4 time
■Since:2002〜


創業は1774年、Johann Adam Birkenstock が教会の公文書に「臣王の靴職人」として登録されたより始まる。足の形にフィットするように作られているのが特徴、特に代名詞とも言えるサンダルは、靴底がコルクなどで作られ履きむにつれて足形になじむ。また、足の甲を固定する部分はベルト式になっており、見た目より機能性を重視しているため、日本では「健康サンダル」と誤解されることも、しばしばあるとか。

実に半年ぶり以上のShopping Listにして、新規購入ではなく「Repaeir」のお話。今回、4回目のオールソール交換と相成りましたが、純正のソールだと どーもかかと部分の減りが早いので、今回は地元のこちらで、オールソール&ヒール部分をカスタム頂きました。これがすこぶる調子がよくって、半月ほど使用しておりますが、減るスピードが圧倒的にマイルドに。

冷静に振り返ると、いや冷静に振り返らずとも、リペア代で新品が購入できる域まできちゃいましたが、学生時代にかーちゃんから貰った一足なので、行けるところまで行こうと思います。




------------------------------
本日は

ブルーベリータルト作りました
 限定5kgの玉露かりがね、その茶殻を見ると・・・☆

ありがとうございます!

nice!(92)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

【071】1108 STRAIGHT LEGS / FULL COUNT [SHOPPING LIST]

*これは お茶とは一切関係の無いSHOPPING LIST、不定期にて連載。


DSC02213のコピー.jpg
■Product:1108 STRAIGHT LEGS
■Manufacture:FULL COUNT
■Made In:Japan
■Material:13.7oz Denim / ZIMBABWE Cotton 100%
■Size:31inch



1993年に創立のFULL COUNT。穿きやすさを伴う究極の日常着をめざす中、アメリカが元気だった古き良き1950年代の物創りに原点を見出す。実用性とファッション性を兼ね備え、何度でも気にせず洗濯が出来る耐久性をともなうこと、そして極力、肌に対してのストレスを軽減させることを実現させるために、化学繊維ではなく、天然のコットン100%にこだわる。

そんなFULL COUNTの定番ジーンズの中でも人気の高い「1108 STRAIGHT LEGS」。ジンバブエコットンを100%使用することで、伸縮性や弾力性に富んでおり、13.7ozという適度な生地の厚みでも、ストレスフリーな穿き心地を肌で感じることができる。シルエットは細身のストレートで様々なスタイルにも適応、股上をやや浅く取ることで腰周りもスタイリッシュにしタイトシルエットで、身体に馴染むフィット感を体感することができる。

いくつかジーンズを保有するも、他のそれには無いフィット感を、窮屈な想いをせずに楽しめるFULL COUNT。わりとタイトな服が苦手なお茶屋にとって、うれしい限りの一本。それでいて、色落ちの具合もなかなか見事、完全に自己満足の世界と分かりつつも2005年の購入以来、大切に育てています。

あとはこのサイズを維持できるかどうか、30代中盤のお茶屋にとって全てが己にかかっているのは、言うまでもありません。




------------------------------
本日は

第12回 昭和の車展示会
 流行のStanleyボトルに涼煎茶をお供させて頂きました!

ありがとうございます!
nice!(110)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

【070】DSC-RX1 [SHOPPING LIST]

*これは お茶とは一切関係の無いSHOPPING LIST、不定期にて連載。

rx1.jpg
■Product:DSC-RX1
■Manufacture:SONY
■Made In:Japan
■Material:Carl Zeiss Sonnar 35/F2
■Since:2013.1


手のひらサイズに35mmフルサイズ“Exmor”CMOSセンサーを搭載した世界初のコンパクトデジタルカメラ、RX1。35㎜レンズ固定というマニアックな仕様ながら、その「写りの良さ」はまさに驚異的、破壊力抜群とでもいいましょうか。

とはいうものの、カメラの細かいこととかは、一切素人のお茶屋。このBLOGを書き始めた当初から、素人写真を貫くためにも敢えて写真のことは一切勉強はしないと、そう決めています。ちょっと前まで、モードの「A」は「全部AutoのA」だと思っていたことも、ここだけの秘密です。

ただそうは言ってもこれまで使っていたD40xGR Digitalなどから比べるとその違いは歴然、きっとこのカメラの性能を全然使いきれてないんだろうけど、なんだかよくわかりませんが、よー写ります、はい(サンプルはこちら→)。

ちなみに持ってるカメラ&レンズが全部単焦点ですが、「毎日急須を使って緑茶飲むと単焦点好きになる」とか、そういったことではないはずです。

nice!(122)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

【069】Heritage Leather Co. x CLINCH Boots&Shoes Tote BAG / BRASS [SHOPPING LIST]

*これは お茶とは一切関係の無いSHOPPING LIST、最近多すぎですが 不定期にて連載。

DSC_8768のコピー.jpg
■Product:Heritage Leather Co. x CLINCH Boots&Shoes Tote BAG
■Manufacture:BRASS
■Made In:USA
■Material:18oz BROWN WAX CANVAS x LATIGO BROWN Leather
■Size:47cm×37cm×15cm


Shoe Repair専門のSHOP BRASS。昨年、16年ほど愛用しているブーツを先日リペアに出したときから気になってたけど、このショップが扱うProductもなかなか素敵なオーラ満点。

Heritage Leather Co.は、ツールバッグやニーパッドなどリアルワーカーの為の工具入れメーカーとて、スタートしたLA発のファクトリーブランド。無骨だが作りはとても頑丈で、ハードに使ってこそ味がでる骨太なバッグを生産する。そんなHeritage Leather Co.とのダブルネーム。

ところでめでたくお父さんになったお茶屋。手ぶらがわりと好きな方ですが、そうはいっても子供と移動するとなると、それなりにお荷物がかさばる予感がしてきました。そんな折しも出会ったのが(ネット上ですが)、こちらのトートバッグ。見た目&このちょっと無骨な感じと言いますか、この質感に一発でやられちゃいました。

実際使ってみても、自立するくらいしっかりした生地や、ついつい撫でたくなる底面の革の感じとか、これまた長く使えそうな感じがたまりません。ちなみに今時点では、まだそんなに外出なんかしないので、お買い物バッグと化しております。


IMG_0593のコピー.jpg



------------------------------
本日は

JUN MEN SALE
 「紫宝」とともに頂く「くずもち」の食べ方のコツは、こちら!

いつもありがとうございます!

nice!(121)  コメント(40)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

【068】 SGFM009 PLANNER APRON PACKAGE / SGF BY DENIMSMITH [SHOPPING LIST]


*これは お茶とは一切関係の無いSHOPPING LIST、不定期にて連載。

IMG_0443のコピー.jpg
■Product:SGFM009 PLANNER APRON PACKAGE
■Manufacture:SGF BY DENIMSMITH
■Made In:Japan
■Material:ペーパーラベルパック
■Use:clutch bag


SGF BY DENIMSMITH、メイドインジャパン、ハンドメイド等によるクラフツマンシップ、タイトシルエットにこだわったジーンズの販売を行う岡山児島のデニムブランド。前回紹介のエプロン、もちろんすこぶる調子はいいのですが、それ以上に最近お気に入りなのがこちらのパッケージ。

文字通りエプロンを入れておくパッケージながら、その素材はジーンズで使われる紙パッチをそのまま袋にしたもの。紙パッチで使われるものだから水にも強く耐久性もあり、ジーンズのようにエイジングしていく。

そして絶妙なのが、このサイズ感。基本手ぶらが好きなお茶屋ですが、ちょっと小物を入れたり財布(というよりカード類)が必要とか、外でフラッとお茶しながら考え事したい時なんか、ペンと紙をいれたりとか。最近、雑誌(メンズ)なんかでもよく見かける「クラッチバック」的な使い方が、ツボにはまっているんです。



DSC_8767のコピー.jpg



この一見弱そうだけど実はしっかりとした何とも言えない"質感"、探してもこういったアイテムは見つからないかも。期せずして、お茶屋的にはドストライクなアイテムとなりました。


ちなみに汚いメモ書きのある紙は、読んだ本の表紙コピーとメモ書き。
っと、長くなりそうなので、その辺りは次回また。




------------------------------
本日は

のんびり日曜日♪
 冷えた身体とココロを紫宝であたためる☆

結局のところ(^_^;)
 蒲南茶荘のお年賀セット☆毎年恒例でお届けしております!

ありがとうございます!

nice!(125)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

【067】 SGFM009 PLANNER APRON / SGF BY DENIMSMITH [SHOPPING LIST]

*これは お茶とは一切関係の無いSHOPPING LIST、不定期にて連載。


IMG_0459のコピー.jpg
■Product:SGFM009 PLANNER APRON
■Manufacture:SGF BY DENIMSMITH
■Made In:Japan
■Material:14oz 綿100%赤耳セルヴィッジ 
■Since[着用]:2012.10

SGF BY DENIMSMITH、メイドインジャパン、ハンドメイド等によるクラフツマンシップ、タイトシルエットにこだわったジーンズの販売を行う岡山児島のデニムブランド。以前はこちらの十八番でもあるジーンズを紹介したけど、今回は大して料理もしないのに思わずポチってしまったこちら。

「生涯付き合っていける 本気のエプロン」とのコンセプトの通り、それぞれの仕事にあわせてその人の生活が色濃く出た経年変化を、14ozデニム生地が確かに受け止めてくれる。

とはいうものの小生、家庭科の時間くらいしか使ったことのないエプロン、いいとかどうかとかって、そんなポイント全く分かりません。それでいて、このエプロンだと着用しただけでスッと背筋が伸びるといいますか、なんかやる気になるんですよね(笑

これまで料理なんて一切しなかったけど、ここ1〜2年はたまーにキッチンに立つようになったお茶屋。最近は自家製ピザにはまってますが、小麦粉がこのエプロンについちゃう感じとか、何だかたまらなく好きだったりします。


ちなみにSGFはパッケージにも拘りがあるのですが(ジーンズの時はこのアルミ缶パッケージ→)、このエプロンのパッケージがお茶屋的には最高で、現在はむしろそっちを愛用してます。長くなりそうなので、その辺りは次回また。



------------------------------
本日は

O
 蒲南茶荘の周囲には、この電柱広告が多数ございます☆

サイレントストーリー
 新カメラにて撮影!見事なお写真です☆

いつもありがとうございます!
nice!(128)  コメント(24)  トラックバック(2) 
共通テーマ:blog

【066】Coin Case / Goyard [SHOPPING LIST]

*これは お茶とは一切関係の無いSHOPPING LIST、不定期にて連載。

IMG_9964のコピー.jpg
■Product:Coin Case
■Manufacture:Goyard
■Made In:FRANCE
■Since:1828年

以前にWallet / Cardcaseをご紹介のこちら。気づいたらもう8年選手だったりしますが、長持ちさせるためにも当初から小銭は別ケースで利用。そんなコインケースも大分へたってきたので、今回はこちらで統一。カードとかも入るので、ちょっと出かけるくらいだったらこれで十分だったりします。

しかし思い返すと、大学くらいまでは「小銭入れ=おっさんっぽい」というイメージで、その当時まさか自分が財布と小銭を分けるとは、つゆほども思っておらず。時間の経過というのは、時に価値観までも変えてしまうのでしょうか。

そういえば、最近お肉よりも魚の方がいいかなーなんて感じる今日この頃、これも歳をとったせいでしょうか(笑)。

ま、そんな感じで、話はどこまでも脱線していく訳ですが、日本人みんな ある時期から「急須を使っていただくお茶」を欲するような、そんな感じになることを、切に願っている次第です。


nice!(97)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - SHOPPING LIST ブログトップ


All Photo and Text copyright(c) 蒲南茶荘 All Right Reserved.