So-net無料ブログ作成
検索選択

新聞記者だった創業者 [蒲南茶荘.history]


初代となる倉橋義郎が
現在の店舗がある蒲田で
蒲南茶荘を創業したのは
今をさかのぼること八十八年
昭和2年の話。




ところが倉橋義郎は
最初はお茶屋を始める気持ち
はまったくなかったようです。





DSC06849のコピー.jpg





書生として勉学に励み法政大学を卒業後
朝日新聞社の記者として活躍しました。
その後「斯論[しろん]」という雑誌を発刊し
法政大学学監代理を務め
やがて多くの政治家と交わるようになります。



しかし政治の世界に入らなかったのは
養父の意思で「政治家にはならない」という
誓いをたてさせられたからだそうです。





その後
人との繋がりを求める中で
掛川(静岡)出身の利を生かして
「茶業」を商うことを決意
これが蒲南茶荘の始まりです。





お茶屋」のイラスト001-BP_tri002021_ok.jpg






ちなみに蒲田の呑川沿い
という地を選んだのは
趣味である釣りができる
という理由だったとか。




DSC09101のコピー.jpg





(つづく)


nice!(85)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 85

コメント 9

sakamono

人に歴史あり、ですね^^。
by sakamono (2015-03-05 22:15) 

werewolf

うーむ、歴史を感じますねぇ♪
それにしても最後の写真・・・エイリアン?
by werewolf (2015-03-05 23:07) 

Silvermac

毎朝朝ドラ「梅ちゃん先生」の再放送を覧ていますが、務台は蒲田です。
by Silvermac (2015-03-06 09:57) 

A・ラファエル

最後の写真はおつまみですね。
やはり、日本酒があうお味でしょうか。
by A・ラファエル (2015-03-06 11:24) 

jinn

僕らの世代には、呑川から釣りはイメージできないですよね〜
by jinn (2015-03-06 15:05) 

yakko

こんばんは。
蒲南茶荘さんの始まりがよく分かりました(∩.∩)
by yakko (2015-03-06 18:04) 

Ryukoまま

へ~♪
すっごく興味あるお話しヾ(=^▽^=)ノ

続きを楽しみにしています^^

by Ryukoまま (2015-03-07 08:33) 

mimimomo

こんにちは^^
初代は新聞記者? 面白いですね~
お茶屋さんもIT業界からの転身ですね^^
by mimimomo (2015-03-07 11:46) 

sig

こういうお話、いいですね。そして、大事なことですね。
by sig (2015-03-12 21:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0



All Photo and Text copyright(c) 蒲南茶荘 All Right Reserved.