So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

【在庫情報】紫宝ティーバッグ [茶葉]



"紫宝ティーバッグ" について
「新茶の紫宝ティーバッグは、発売するのでしょうか」
といったお問合わせを
この時期によく頂戴します。




DSC01324のコピー.jpg







ご存知の通り”紫宝”は通常の茶葉よりは「火入れ」が強く
長期の貯蔵に耐えうる特徴を持っております。




IMG_9629のコピー.jpg
ホタルスカシ[1600円/親]







さらにチャック付袋のため 日持ちははなりよい方ですが
それでもやはり空気に触れる回数が多くなると 劣化いたします。




BLOG表紙_201211.jpg





一方で「新茶」といえば
その「新茶らしい香り」。


それは「青葉アルコール」と呼ばれる
お茶独特の青い爽やかな香気が特徴ですが
これは揮発性が非常に高く
まさに旬の味わい。



無論「新茶時期」には
その「新茶らしさ」が求められるため
「火入れ」の強い茶葉は
ほとんどありません。





BLOG表紙_201303.jpg

そんな理由(もちを長くさせる)により
「新茶紫宝ティーバッグ」は制作しておりません。















そのあたりも
大事なポイント だと
思っております。








IMG_7827のコピー.jpg





#2014年度産「紫宝ティーバッグ」は完売致しました。
#2015年度産の発売は、5月末予定となります。





nice!(64)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

新茶 紫宝 [茶飲]


少し暑いくらいですが
身体を動かすのにも
気持ちのよい今日この頃。


そして新茶でホッと一息も
すこぶる気持ちのよい
このシーズンです。



羽田.jpg

羽田.jpg

DSC06759のコピー.jpg 

新茶を急須で.jpg

DSC05903のコピー.jpg


DSC00490のコピー.jpg

R0011523のコピー.jpg

IMG_1535.jpg




------------------------------
本日は

新茶を飲む
 5月といえば新茶! 紫宝をお供させて頂きました♪

ポタリング
 お散歩がてら&お茶飲みがてら、ぜひご来店くださいませ!

いつもありがとうございます!


nice!(73)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

気になる "汚れ" [茶器]


新茶シーズン
おのずと急須の出番が
増えることと
願っております。




IMG_6282.jpg




そこで気になるのが
急須の汚れ。





特に気になるのが
洗浄の難しい
丸みをおびつつ
届かないところがある
「茶こし」部分。









まず「陶器」の場合は
洗うことは
極めて困難。




sasaE38281-604a0.jpg









ついで「帯アミ」。



sasaE38281-604a0.jpg





湯切れがよく
深蒸し茶をより美味しくお召し上がり頂ける
そんな特徴を有するも
どうしても洗浄が難しい
そんな部分があります。




IMG_8867E381AEE382B3E38392E3829AE383BCE381AEE382B3E38392E3829AE383BC.jpg








そこで登場したのが
WBSでもご紹介いただいた
こちらの急須。



ちょうど動画の 1:00近辺で「アミ」を外してますが
簡単に脱着可能。






そして何より
洗浄が極めて
楽チン。






急須の口比較.jpg

"深蒸し茶"をお召し上がり頂く際の急須には、その茶葉の細かさから 本体とアミが一体型のものよりも、ステンレス製のアミを巻き付けているタイプ[帯アミ急須]が主流となりますが、こちらの【東京深むし急須】は、急須の口部分から押し当てるだけで簡単にそのアミを外すことが可能、装着もワンタッチ感覚で行えるという優れものです。
さらに注目すべきは"一体型"の構造であること。通常、急須は本体と口を分けて制作・つけ合わせることで完成させるため注ぎ口の直径と本体穴のそれが合わず、洗浄が困難であるという難点がありました。しかしこの急須はそんな問題を解消、本体と注ぎ口を別々に作らず一つの型で制作しているために、段差やずれが一切生じず 内側までキレイに洗浄することができます。つまり
 ・アミの取り外し・装着が簡単!
 ・これまで汚れが溜まりやすかった欠点を解消+洗浄もしやすい☆
 ・もちろん 交換用のアミも付属♪
といったこれまでの急須にはない機能を有し、何より清潔でいつもきれいな状態を保てるのが特徴です。
この【東京深むし急須[2400円]】は、東京都茶問屋協同組合の専務理事鈴木秀博(蒲南茶荘 社長)が考案したもの。急須は、その機能やデザインが既に完成された領域にあるものというのがこの業界の常識でしたが、消費地"東京"ならではのお客様のニーズを汲み取りこれまで誰も手がけなかった急須を制作するに至りました。見ためはこれまでの急須と変わりありませんが、「いつも清潔な急須を」と願うお客様の心を実現した 初めての急須といえるでしょう。


IMG_5965.jpg






見ためはなんの変哲もない急須
されど「汚れが気になる方」にとって
うれしい急須と
なるのではないでしょうか。




nice!(79)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

涼煎茶のご案内 [茶葉]


一足早いかもしれませんが
すでに暑さを感じる今日この頃
前もってご案内を。



今年もどうぞ
よろしくお願いいたします。



*詳細はこちらから →
*ご注文はこちらから →
*旬の新茶と合わせての発送も可能です。





BLOG表紙_200907.jpg

BLOG表紙_201007.jpg

BLOG表紙_201008.jpg

BLOG表紙_201009.jpg

BLOG表紙_201106.jpg

cover_201107.jpg

BLOG表紙_201108.jpg

BLOG表紙_201206.jpg

BLOG表紙_201207.jpg

BLOG表紙_201207.jpg

BLOG表紙_201407.jpg





------------------------------
本日は

吞川を歩く。
 大田区「呑川」の下流に位置する蒲南茶荘☆お散歩コースにオススメです♪

多摩川を歩く。
 お茶屋も愛用の「デットストック」な茶器☆絶妙なサイズです!

ありがとうございます!


nice!(64)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

クローバーカートンという名の箱 [茶葉]


大変長らく
お待たせいたしました。




DSC09596のコピー.jpg





ご予約を頂戴しお届けしている
蒲南茶荘の「限定新茶」
すべて出揃いました。




IMG_7574のコピー.jpg
*店頭在庫、若干ございます。





ちなみのこちらの箱
「クローバーカートン」と申しまして
箱の上部分を4枚で交差して止めることから
「クローバー」
と名がついたそうです。






11204906_912603525447718_213755505067061030_n.jpg



見た目以外の部分で
何が便利かと申しますと
たとえば新茶をギフト利用していただく場合
これがないと缶(=円柱)を包装することになり
それが実はかなーり大変なんです。





特に新茶シーズンは超繁忙期。

お茶のブレンドから
商品化まで店舗で行っている中
「ちょっとした一工夫」で
少しでも効率的に
多くの時間を茶葉の選定に
割り当てられるよう
作業をすすめております。






nice!(74)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の5件 | -


All Photo and Text copyright(c) 蒲南茶荘 All Right Reserved.