So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

新茶×ゆたかみどり [茶葉]


いよいよ新茶シーズンの
幕開けとなりました。





2011新茶.jpg




蒲南茶荘が長年取り扱うのは
 「ヤブキタ」
全国一の生産量と栽培面積
その大半は静岡県産にして
日本茶の代名詞的な存在。




それに対して
 「ユタカミドリ」
2番目に栽培面積が大きく
その全体の90%以上が
鹿児島県で栽培。



あ茶.jpg





豊かな"甘み"が特徴の
「ユタカミドリ」に対して
"甘み"をより引き立てる
"渋味"とのバランスが絶妙なのが
「ヤブキタ」とでも
いいましょうか。



新茶_特撰ゆたかみどり.jpg
<ご注文方法>
 *好評発売中!
 *クロネコDM便にて3袋まで発送可能[送料:152円]
 *お名前/ご発送先/お支払い方法を明記の上、【order@honannchasou.net】までご注文下さい
 *お支払い方法は以下よりお選び下さい
  □郵便振替[振込用紙同封・手数料無料]
  □銀行振込[三菱東京UFJ銀行]






ちなみに
南の方から暖かくなる
日本ですので
「ユタカミドリ」の方が
先に新茶として
登場する訳なんです。




お茶屋さんのお茶 [茶葉]

街のお茶屋さんでは
いわゆるスーパーとかで見受ける
産地(静岡や鹿児島)で詰められたお茶を
取り扱っているところもありますが
その一方で
自身の好みの茶葉を仕入れブレンド
そのお店だけの味を作り出しています。





DSC09503のコピー.jpg





その辺りのことは
昨年度の資料で恐縮ながら
こちらにツラツラと
ご紹介しております。


新茶パンフ_2014_1_裏.jpg







ちなみに蒲南茶荘では
お茶の選定&ブレンドのみならず
実際にお茶を詰めたり 箱詰めしたりと
そういった作業も合わせて行っております。




IMG_0940のコピー.jpg
*卯月やわめ新茶 地の春[2160円/100g缶] 4/30頃 発売予定







天の春_2012.jpg
*春一番新茶 天の春[3240円/100g缶] 4/27頃 発売予定






インターネット全盛
全国どこからでも
欲しいものを手にできる
そんな時代だからこそ
やりがいもあると
感じています。









SDIM0032.jpg
*GW中は、日曜日のみ休業となります。





葉と茶 [茶葉]




東京蒲田という下町で
こだわり続けた結果が
そこにはあって



蒲南茶荘




意図として特殊になろうと
願った訳ではないのであり
それはお客様を想ってのことだから
なおさらその意思は強くして
初代の言葉をここに記せば



「蒲南荘の茶は、飲んで不老、老いて喫すれば
 尚長寿、芳醇透明、滋味濃厚一喫為に歯唇三日馨ばし
 尚お値段安く、煎の利く事は他の追従を許しません。」





DSC01783のコピー.jpg





味にもその特徴が現れるが如く
強い蒸しと火入れは
時には覆面調査員には厳しく評価頂き




新茶をグラスで





それでもなお1日10g喫する習慣をと願うお茶屋が
日々いくつもの茶葉を吟味し
選び抜いたそれを惜しみなくブレンド
そして手作業にて袋詰めしてお届けする
そんな蒲南茶荘の茶葉なんです。





abcdada.jpg


*限定新茶のご予約はこちらから →
 




なじむ [茶飲]



時代に逆行するとか
そんなんではないのですが
こんなケータイを
いまだに使っております。



DSC04195のコピー.jpg
辛うじてi-modeが使える程度の、ガラケーの中のガラケーです




ふと我を振り返ると
どーも気に入った「モノ」を
永く使う癖がございまして
写真で紹介とかはできませんが
パジャマなん
てウエストのゴムが見え隠れする
そんなくらいが馴染んできて
好きなくらいです。




IMG_9643_ー_+_トーンマッピング済みのコピー.jpg


IMG_6315.jpg


DSC00490のコピー.jpg









なじんだ感触
好みの味わい
時間が醸し出す「何か」って
いいものですよね。




そうやって時間を
重ねていきたいものです。




IMG_3807-f4a62.jpg



手帳を開いて.jpg





「新茶」は何が違うのか [茶葉]

新茶時期を前に よくいただくご質問に
 「"いつもの紫宝" と "限定新茶の紫宝"は、
  どこか違うの!?」
がございます。



答えはもちろん
 「違う」
のですが
新茶における醍醐味のひとつに
 「いわゆる新茶らしい香り」
がありまして。

これは
 「青葉アルコール
とよばれ
お茶独特の青い爽やかな香気。


DSC00902のコピー.jpg



ただしこの香気
 「揮発性が高い
ために
いつまでも茶葉に残っている訳では
ありません。


つまり まさにいまの
 「新茶時期」
しか
楽しむことが出来ないのです。





そしてこの「新茶時期」を終えると
長期保存を視野に入れ(詳細はこちら→*
より「火入れ」の強い茶葉を
ブレンドするため
 「限定新茶の紫宝

 「年間の紫宝
は異なるのです。





3-20PR-b4ed4.jpg



ちなみに「年間の紫宝の"火入れ"」をお好みのお客様は
あえてこの「限定新茶」はセレクトせず
特に新茶時期などはわざわざ
 「"昨年の"年間の紫宝」
をお選び頂きます。






そのくらい 実は 違う のです。


3-20PR-b4ed4.jpg

*限定新茶のご予約はこちらから →
 




前の5件 | -


All Photo and Text copyright(c) 蒲南茶荘 All Right Reserved.